まんぷくでおひるね

pukuhiru.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 28日

7月大歌舞伎 「夜叉ヶ池」「高野聖」

d0142935_23241170.jpg
d0142935_23242524.jpg



歌舞伎座へ行ってきました。
子どもは一昨年見そびれた「夜叉ヶ池」が見たいというので夜の部へ。
明後日は義母も一緒に3人で昼の部を観劇する予定です。

~以下敬称略~
さてさてまずは「夜叉ヶ池」。
市川春猿、市川段治郎、市川右近などのおもだかや(←変換できず)の面々の、息の合った熱演を楽しんできましたょ。
今回は白雪姫役の笑三郎がとてもよかったです。
情熱的でまっすぐな、この世ならざるお姫様の力強いセリフに目が覚めた。(笑)
そのほかにも鏡花らしく、いわゆる眷属と呼ばれる不思議な登場人物がいっぱい出てきて、子どもも飽きずに見られました。
かえってこういう不思議な物語を、子どもは受け入れやすいのかもしれません。

そして「高野聖」。
玉三郎と海老蔵の美しくて妖しいお話にどきどきしてしまいました。
看板にもある川の入浴の場面では、ほんとに2人が着物を脱いで、ほの暗い舞台に浮かび上がります。
そのなんともいえない妖艶さに食い入るように見入ってしまった。
一部、笑い声があがったりしていたけど、あれは観客の照れだと思う。
自分とはあまりにかけ離れた美しくて妖しい情景。
玉三郎に決して誘惑されてはいけない海老蔵と、ほんとはやっぱり人間ではない「おんな」(役名)にしか見えない玉三郎。
本気ではらはらしながら、うっとり見つめていたのは私だけではありませんでした。(←心臓ドキドキした!)
みんなオペラグラスで前のめりで見てましたもの。

セリフと言い、仕草と言い、やっぱり玉三郎の美しさはぬきんでていると思いました。
子どもも、「高野聖」の方が面白かった、と言ってました>大人ね(笑)

いわゆる歌舞伎らしい古典ものとも、現代作家の新作とも違う泉鏡花の歌舞伎。
大人カップルのデートにも是非オススメ!


ランキングに参加しています
ぽちっと応援クリック~♪

d0142935_2181622.gif


ありがとうございま~す☆

[PR]

by yuriaoka | 2008-07-28 23:23 | かぶき


<< ゴーヤ料理      ホットドックランチ >>